純・ブライド〜出産祝い・引き出物の情報ガイド〜タイトル

2014/10/15 更新

モノかカタログか、結婚祝いの引出物選びのコツ

結婚祝いの引出物選びがこれからという皆さん、どんなものを贈ろうかと頭を悩ませているのではありませんか?

品物を選ぶのは楽しい反面贈る相手が、数十人分、それも相手がはるか年上の人だったりするわけですから、喜んでもらえるものを考えるのは意外と難しいものですよね。
喜んでもらえる引出物選びのコツについてお教えしましょう。

引出物として何を贈る?

引出物の王道と言えばはやはり食器類ですね。
引出物にはどういった商品が選ばれているのでしょうか?

  • 陶製やガラス製の食器類
  • キッチンツールなどの家庭用品類
  • インテリア小物、ステーショナリー類
  • カタログギフト

昔は、割れ物や刃物は「2人の仲が壊れる」とか「関係が切れる」ということが連想されるため、婚礼の引出物にはタブーとされていましたが、最近はあまり気にしなくなっています。

そのため、選択肢もかなり広がりました。
また、人によってモノを変えるということも普通になっています。

相手が喜ぶものを贈るのがベストですから、年齢や性別に合わせて選ぶのがオススメです。
例えば、独身の男性の友人なら、料理をしない人でも確実に使ってもらえるマグカップを、伯父さん夫婦なら、日常の食卓で使ってもらえる和食器のペアセットを、という具合です。

相手の生活を想像して選ぶとより喜んでいただけるモノが分かるはずです。
カタログギフトは、相手に好きな商品を選んでもらえることや、コンパクトで軽いことが人気を呼んでいます。

その反面、欲しいと思う品物がないという声や、2人らしさを盛り込むことが難しいというところもあります。親しい関係の人だと少々味気なさを感じるかもしれませんね。友人にはモノ、ご親族や会社の上司にはカタログなど、年齢が上の方への引出物に困った場合に部分的に利用してもよいのでは?

結婚祝いの引き出物

消えモノもアリに

消えモノも今や引出物として贈ることが増えています。
消えてなくなるものは、2人の結婚生活の解消を連想させるので、やはりタブーでした。

しかしブームにあやかり、石鹸やバスソルトなどのバスグッズ、アロマテラピーのグッズなど、いわゆる「消えモノ」も引出物として登場しています。


ちょっと高級な消えモノを贈れば、わざわざ買わないけれど使ってみたかったとか、いつもと違う種類がもらえて嬉しい、などと喜ばれることでしょう。ただし、ご年配の方には少々難があるかもしれませんのでご注意を。

2人らしさを出そう

引出物は参列のお礼であると同時に、ウェディングの余韻を持ち帰ってもらうものでもあります。
演出にこだわったのなら、引出物選びにもこだわりを出したいもの。

2人らしさを感じさせる引き出物にしたいですね。
コンセプトやテーマを決めて準備しているなら、それに沿った選び方ができるでしょうし、引出物と一緒に入れる引菓子をセットのように選んでみてもいいでしょう。

お酒好きなご新郎が、同じくお酒好きのゲストに、陶芸家さんのオリジナルの酒器とオリジナルラベルの日本酒をチョイスした例もあります。

いかがでしたか? ご自宅でワクワクしながら開けるのが引出物。
ゲストが開けて楽しみ、使って楽しめる引出物を選んでくださいね。
きっとそこには、選ぶ楽しみもあるはずですよ。

注目サイト

2014/11/25 更新

Copyright (C) 2011純・ブライド. All Rights Reserved.