純・ブライド〜出産祝い・引き出物の情報ガイド〜タイトル

Last update:2014/10/15

引き出物を選ぶ基本

引き出物〜喜ばれる選び方

3,000〜3,500円の引き出物+引き菓子+1品の3点、もしくは3,500〜4,000円の引き出物+引き菓子(プチギフト)の2点にされる人が多いようです。

  • 引き出物:平均相場3000〜5000円
  • 引き菓子込みの平均相場1000円〜1500円

多少割引されて購入していると思いますので、定価の平均相場だと4,000〜5,000円の価格帯の引き出物を選ばれています。
品物は食器派カタログギフト派が半々で人気なのだそうです。

引き出物の由来

引き出物という言葉の由来は、遠方より来た友人に、愛馬を厩舎より「引き出して」贈った故事から来ており、そこから「引き出物」と命名されました。

つまり、愛馬を贈るくらい感謝の意を込めているということ。
また引き出物の数は結婚する2人の仲が割れぬよう縁起をかつぎ、割り切れない奇数がいいそうです。
お祝儀で割り切れない金額にするのと同じ考えですね。

まずは引き出物の予算を決めよう

披露宴に出席してくださった方々へ最後のおもてなしとしてお渡しするのが「引き出物」。
これは、お祝儀の「お返し」ではなく、「お土産」ですので、基本的には皆様に同等のものを出すのが礼節です。

人によってあまり差をつけないように一人当たりの価格を決めましょう。
気をつけるのは引き出物本体の他に袋代が200〜400円掛かること。
まずは引き菓子の予算も込みでトータル金額で予算を立てましょう。

引き出物を全員に贈らなくても良い

披露宴人数と同じ数だけ引き出物を用意する必要はありません
夫婦や家族で出席される方には合わせてひとつでいいのです。

お祝儀も夫婦は一名義で頂きますから、引き出物も一つで構いません。
また両親には引き出物の変わりに記念品を贈呈しますので、引き出物は要りません。
新郎新婦にも要りませんから招待人数の8割程度の数量の引き出物数になります。

両親とも相談

引き出物の予算や品数は地域・習慣によりしきたりが異なります。
披露宴は○○家△△家の披露宴と家同士の婚姻関係と捉える風習もまだ残っており、親名義で招待状を送るケースもあります。

内容や用意する品数を新郎新婦だけで決めず、両家の両親と相談して決めるのが得策です。

ゲストによって引き出物の内容を変える

好まれる品は性別や年齢によって異なります。

最近では年配の方向け、若い男性向け、若い女性向けなど細かく引き出物を分ける場合が多いようです。引き出物をゲストによって区別する場合は、なるべく大きさを統一させるよう心掛けましょう。

若い人向けの引き出物の選び方

若い方には、

  1. ポイント:自分では買わないもの
  2. ポイント:おしゃれなもの
  3. ポイント:ブランド品などネームバリューのあるもの
  4. ポイント:重たくないもの

が好まれます。
自分が貰っても嬉しいものなら大抵は気に入られます。
女性向けの引き出物に重くてかさばるものはタブーですよ。

年配の方向けの引き出物の選び方

親戚など年配の方には「和食器」が人気です。
また、実用的なものの方が好まれます。食器に名前を入れてくれる所もあるので、結婚式の記念品に人気の品です!!

地方によって品数や値段が異なりますので両親と相談して決めるのがベターですね。

人気のオススメ引き出物
ティファニーの引き出物
ティファニーの引き出物は貰ったときのインパクト大!

ティーカップやワイングラスなどペアで4,200円からあります。
ティファニーの引き出物は最低6個からの注文になり、ティファニーの直営店でしか購入できないので割引が効かないので気をつけて!!
ブランド食器
ウェッジウッド・ミントン・バカラなどのブランド洋食器は有名なだけに値段も高いです。
時々デパートなどで割引企画イベントを行っているときがあるのでその時を狙うのもアリです。

Valuable information

NAVERまとめ
http://matome.naver.jp/
Copyright (C) 2011純・ブライド. All Rights Reserved.