純・ブライド〜出産祝い・引き出物の情報ガイド〜タイトル

最終更新日:2014/10/15

出産内祝いとは

本来の内祝いとは、内輪の親しい人たちでするお祝いのことですが、現在では出産祝いをいただいた方へのお礼の贈り物を内祝いと言います。

出産祝いそのものについては、別ページ(出産祝いの基本を学んで赤ちゃんの誕生を祝福しよう)にて取り扱っていますのでご参考にしてください。

出産内祝いの時期

出産祝いは、生後1ヶ月までに贈るのがふさわしいとされています。
したがって、内祝いはお宮参りの頃つまり生後1ヶ月くらいで贈るのが一般的です。
ただし、生後1ヶ月を過ぎてから出産祝いをいただいた場合は、いただいた後1ヶ月以内に内祝いを贈れば礼を失することにはならないでしょう。

最近では、出産祝いをいただいた方のみに内祝いを贈るケースが多いようです。

出産内祝いに贈るもの

内祝いの定番といえば鰹節か砂糖を送るのが相場と決まっていました、最近ではいくつあっても困らないような実用品なども多くなってきています。

たとえば、石鹸やタオルのセット、お菓子やコーヒーセットなどです。
鰹節や砂糖などの定番を贈る風習が根強い地域もありますので、ギフトショップなどに問い合わせてみると良いでしょう。

出産内祝いの予算

内祝いとしてどの位のお返しをしたらいいのか迷うものです。
内祝いの予算は、慣例として「出産祝いの半返し」が一般的といわれていますが、これはあくまで目安なので、例えばいただいた出産祝いが5千円なら2千円程度、出産祝いが1万円なら3千円から5千円程度と考えると良いでしょう。

金額にはあまりこだわらず、感謝の気持ちを送ることが大事ですが、おおよその目安として、出産祝いの三分の一から半額と覚えておけば間違いありません。

出産内祝いの表書き

出産の内祝いの場合、紅白の蝶結びの水引のし紙に、表書きは「内祝」、「出産内祝」として、下段に赤ちゃんの名前を書くのが一般的です。

Copyright (C) 2011純・ブライド. All Rights Reserved.